カーアンドレジャーニュース > ダイハツ、ハイゼットカーゴやアトレーワゴンをマイナーチェンジし、スマートアシストⅢを搭載
ニュース
2017/11/13

ダイハツ、ハイゼットカーゴやアトレーワゴンをマイナーチェンジし、スマートアシストⅢを搭載

matsuguma
カーアンドレジャーニュース

 ダイハツは11月13日、軽商用車「ハイゼット カーゴ」、軽乗用車「アトレーワゴン」、軽福祉車両「ハイゼット スローパー」「アトレー スローパー」「アトレー リヤシートリフト」および「ハイゼット カーゴ」ベースの特装車シリーズをマイナーチェンジするとともに、軽商用車「ハイゼット トラック」の一部改良を発表した。

 今回のマイナーチェンジでは、ステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を採用し(すべてのSAⅢグレードに搭載)、軽商用車としては初となる、歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなどを搭載したことで、高い安全性能を実現した。

 また、「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」ともに内外装のデザインを刷新。「ハイゼットカーゴ」は安定感のあるフロントマスクへ変更するとともに、フロントバンパー左右には着脱可能なコーナーピースを設定し、傷ついた場合の修理費用・交換作業を低減できる構造とした。

 インテリアはインパネ・シートを刷新し、ブラック基調へと変更、多彩な収納スペースを確保することで使い勝手も向上した。「アトレー ワゴン」はLED ヘッドランプやメッキフロントグリルの採用などにより上質感あるエクステリアとし、インテリアはブラック基調の統一感あるインパネ・シートを採用した。

(アトレーワゴンのブラック基調のインテリア)

週刊Car&レジャーについてはこちら→http://www.car-l.co.jp/

Facebookで更新情報をチェック!