カーアンドレジャーニュース > 三菱自動車、エクリプスクロス人気の理由を販売スタッフに聞いてみた!
インタビュー
2018/05/30

三菱自動車、エクリプスクロス人気の理由を販売スタッフに聞いてみた!

matsuguma
カーアンドレジャーニュース

 三菱自動車にとって4年振りの新型車となった「エクリプスクロス」。世界的に流行のSUVに流麗なクーペフォルムを融合させたスタイルや、ランエボ譲りの4WDシステム等が注目を集め、4月末時点で6000台を超える受注を獲得する好調なスタートを切っている。

 では、販売のプロである現場の営業スタッフは、このエクリプスクロスをどのように評価しているのか。今回は関東三菱・平和台店(写真右)で話しを伺った。

 「エクリプスクロス購入の決め手になるのはデザインの良さ」と語るのは、関東三菱自動車販売・平和台店の川口悦男課長代理。「フロントマスクにひと目惚れされる方が圧倒的に多く、遠くからでも三菱車とわかるデザインが人気」だという。

 さらに、「リヤワイパーを上端部に隠すように配置して後方の視認性を高めているところを説明すると、お客様は驚くことが多い。その後運転席に座ってもらうと見た目以上にリヤの視認性が悪くないと評価してくれます」といい、カタログだけではわからない細かい部分もアピールし、成約に繋げている。

 また、走りについては「搭載する1・5ℓターボエンジンは低回転からトルクが太く、試乗してもらうと街中でも高速でもストレスを感じさせず、本当に1・5ℓなのか?と驚くお客様が多いです」。さらに、静粛性や走りの安定感の高さも高評価だという。

 加えて、後席に20㎝のスライド機構を備え、シチュエーションによって様々なアレンジができ、特に女性からの評価が高いもの大きなポイントとなっている。

(アウトランダーPHEVから給電し、アウトドアでも活躍)

■エクリプスクロスをきっかけに店舗への来店客も増加

 このように、デザイン、走り、使い勝手を高いレベルで実現したエクリプスクロスだけに、購入したユーザーは30代~60代と幅広い。また、軽自動車から大型セダン、ミニバンやSUVから乗り換えた人が多い等、多彩なユーザーを取り込んでおり「お客様の幅が非常に広く、それぞれのお客様で響くポイントが異なっているのもエクリプスクロスの特徴」という。

 また、エクリプスクロスをきっかけにしたお客様の来店が増えたというが「三菱にはデリカ、アウトランダー、RVR、パジェロとSUVや4WDモデルが多いですが、上手く棲み分けができていると感じている。来店した方のニーズを読み取って最適なモデルを提案したい」と川口課長代理は今後の展開を語ってくれた。

■関東三菱・平和台店

 都内でも有数の幹線道路である都道311号線(環状8号線)沿いに立地。東京メトロ有楽町線・平和台駅からも徒歩5分圏内で、電車でのアクセスの良さは特筆すべきポイントだ。同社の中でも大型の店舗とあって、ショールーム内には常時4~5台のモデルを展示。人気車種から軽自動車、三菱自動車の特徴でもある電動車両も試乗車を豊富に揃え、気になるクルマを同時に比較することもできる。

 

(キッズスペースやベビールームも完備し、子供連れでも安心)

住所=東京都練馬区平和台4-22-15▼℡=03-3993-3188▼営業時間=10時~18時(土日祝は19時まで、毎週火曜日、第1・3水曜日定休)

週刊Car&レジャーについてはこちら→http://www.car-l.co.jp/

 

 

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事