カーアンドレジャーニュース > トヨタとセブンイレブン、共同開発プロジェクト発表
ニュース
2018/06/14

トヨタとセブンイレブン、共同開発プロジェクト発表

matsuguma
カーアンドレジャーニュース

 トヨタとセブン-イレブン・ジャパンは66日、共同記者会見を行いCO2排出削減を目指した次世代型コンビニ店舗の共同プロジェクトを2019年秋から開始すると発表した。

 同プロジェクトは、セブンイレブンの店舗と物流にトヨタが培ってきた技術やシステムを導入し、CO2排出削減を目指すもの。具体的には、店舗に定置式のFC発電機とリユース蓄電池を導入すると共に、それらを店舗エネルギーマネジメントシステム(BEMS)で統括的に管理し、店舗で使用する再生可能エネルギーや水素由来の電力の比率を高め、CO2排出削減を進める。

 なお、FC発電機には出力密度の高いMIRAIのセルを使用するほか、リユース蓄電池(写真右)にはハイブリッド車10台分の使用済みバッテリーが再利用されている。

 物流には、新開発したFC小型トラック(写真下)を国内初導入し、CO2を含めた環境負荷物質の排出ゼロを目指す。FC小型トラックには、MIRAIのFCユニットを搭載し、発電した電気は動力のほかに冷蔵ユニットに使用。停車中もFCユニットで発電した電気を冷蔵・冷凍ユニットに給電する。

 セブン‐イレブン・ジャパンの古屋一樹社長は、プロジェクトについて「将来的には、全地域で展開したい。まずはテストを重ね全てを精査してから進めていく」とコメント。また、トヨタの友山茂樹副社長は、「長期的な視点から再生可能エネルギーをより効率的に活用できるシステムの構築を検討していく」と述べ、2019年春に首都圏でFC小型トラック2台を導入し、2019年秋に再生可能エネルギーの比率を高めた次世代型店舗への取り組みを進めていくとした。

週刊Car&レジャーについてはこちら→http://www.car-l.co.jp/

Facebookで更新情報をチェック!