カーアンドレジャーニュース > トヨタ、センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジ
ニュース
2018/06/24

トヨタ、センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジ

matsuguma
カーアンドレジャーニュース

 21年ぶりにフルモデルチェンジしたセンチュリーは(6月22日発売)、匠の技と高品質のモノづくりを継承しつつ、ハイブリッド化による高い環境性能と、ショーファーカーにふさわしい先進・快適装備を採用し、乗り心地、静粛性、走行安定性を一段と向上させた。

 デザインは、日本の美意識に通じる静的な均整を保ち、後席を上座とする独自の思想を造形に表現。傾斜を立てた重厚なクォーターピラーにより、後席の存在感を強調した。

(限られたVIPのためのくつろぎの空間)

 ホイールベースの延長分(65㎜)は、後席スペース拡大に充てた。本杢装飾で囲まれた後席空間は、天井の中央部を上方へ高くする伝統の建築様式を採り入れたほか、天井に〝不断長久〟を示す柄の織物があしらわれている。

 パワーユニットはV型8気筒5・0ℓ+モーターのハイブリッド(システム合計出力431PS)。圧倒的な静粛性実現のため、徹底した防音対策と振動や騒音を打ち消すアクティブノイズコントロールを採用。さらに、AVS機能付電子制御エアサスペンションをはじめブッシュ、マウントなど細部に及ぶチューニングで、ソフトで目線の動きが少ないフラットな乗り心地も実現した。価格は1960万円。

週刊Car&レジャーについてはこちら→http://www.car-l.co.jp/

Facebookで更新情報をチェック!