カーアンドレジャーニュース > ダイハツ「ミラ トコット」デビュー、エントリーユーザーも安心・安全の機能性
ニュース
2018/06/26

ダイハツ「ミラ トコット」デビュー、エントリーユーザーも安心・安全の機能性

matsuguma
カーアンドレジャーニュース

 ダイハツは6月25日、ミラココアの後継にあたる新型軽自動車「ミラ トコット」を発売した。スクエア調のシンプルで愛着のわくスタイリングに、スマートアシストⅢをはじめとする充実した安全装備を搭載(一部グレードを除く)。運転に不慣れなエントリーユーザーにも最適なクルマとして開発された。

 ミラ トコットは、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトに開発された新型車。手軽な価格やコンパクトなサイズ感を追求すると共に、取回しやすいパッケージや充実した安全・安心装備を採用し、若い女性等のエントリーユーザーでも安心して快適に運転できるモデルとしたのが大きな特徴だ。また、開発にあたっては、女性で構成されたプロジェクトチームが参画。女性視点でのコンセプトやアイテム等の意見が取入れられ、より魅力を高めている。

 ミラ トコットの大きな特徴は、三つの安心を提供すること。まず一つ目は、「座って安心」。スクエアなボディと水平基調のインストルメントパネルでフードの先端が見やすく車両感覚を掴みやすいエクステリアデザインを採用。さらに、フロントピラーの角度を立てて死角を少なくすると共に、ドアミラーをドアパネルに取付け、ベルトラインも水平にしたことで良好な視界を確保している。

 次に「走って安心」。軽自動車で初となるパノラマモニターとコーナーセンサーをダブルで搭載した。パノラマモニターは四つのモニターで前後左右をとらえ、車両周辺状況をナビ画面に表示。コーナーセンサーが障害物までの距離に応じて、3段階のブザー音で伝えてくれる。加えて、最小回転半径4・4mの取回しの良さと視認性が高いBi─AngleLEDヘッドライト(マニュアルレベリング機能付)を全車標準装備し、安心感を高めている。

 三つ目は「もしもの時の安心」。衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」の採用をはじめ、SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前/後席)を軽で初めて全車に標準装備した。また、前方の誤発進抑制制御機能は従来のステレオカメラに加え、ソナーセンサーを追加し、信頼性を高めた。

 さらに、内外装にアクセサリーを装着し、より個性を際立たせるアナザースタイルパッケージも設定された。パールホワイト塗装のアイテムでガーリーに仕上げた「スイートスタイル」、ブラックをアクセントとしたスタイリッシュな「クールスタイル」、ガーニッシュにメッキ調を取入れ質感を高めた「エレガントスタイル」の3タイプから好みのスタイルへコーディネートできる。

 

(クールスタイル(左)とスイートスタイル)

 なお、スタイルパッケージは、一部のアクセサリーの装着を工場で行うことでリーズナブルな価格設定も実現している。
エクステリアは、水平基調のスクエアボディとしながら角に丸みを持たせ、親しみやすく扱いやすいイメージを演出。フロントとリヤに愛嬌のある丸型ライトを装着し、個性を表現している。

 ボディカラーは全8色を設定すると共に、布のような質感を実現したキャンバス地調のデザインフィルムトップを新開発。独自のPCVフィルムをルーフやフロントバンパー等に貼ることができ、デザインのバリエーションを拡大する。

 インテリアはデザイン性と機能性を両立。手の届く範囲に6個のポケッテリアを採用し、運転姿勢を確保しながら使い勝手の良さを向上した。さらに、スマートフォンの充電等に便利なUSB電源ソケット(2口)や、運転席/助手席の座面・背もたれにシートヒーターを装備(最上級グレードのみ)し、快適性を高めている。

 

(便利なポケッテリアを搭載)

 この他、フロントウインドウにIR&UVカットガラス、フロントドアにUVカットガラス(最上級グレードはスーパーUV&IRカットガラス)を採用し、紫外線や赤外線を効果的に遮断する。
【価格】107万4600円〜142万5600円

週刊Car&レジャーについてはこちら→http://www.car-l.co.jp/

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事